マリウポリ陥落か?

ロシア軍はウクライナ南東部のマリウポリを包囲し、製鉄所に立てこもるウクライナ人に降伏を求めている。何発もの地下貫通弾を使って製鉄所の地下壕を破壊しているので、全滅か降伏しての投降かの究極の選択を迫られているといっていい。一方でロシア軍は人道回廊を設けて立てこもるウクライナ人に逃げ道を設けているとのことらしいが信用できない。おそらくおびき出されたウクライナ人はロシア軍に拘留され、犯罪者のようにロシア各地に移動させられるだけだろう。私なら自由を奪われるくらいなら戦死する選択肢をとるかも知れない。それでも「犬死に」とか「無駄死に」と揶揄されてしまうのだろうか? 

前の記事

戦争の代償

次の記事

戦場の狂気