コロナで失業者増える!

完全失業率と有効求人倍率右表は最近厚労省が出した統計だ。明らかに有効求人倍率が減り失業者が増えている。コロナ禍拡大で企業の生産活動が縮小し、働き手が不要になってきたためであろう。だが、それでいいのか? 財務省は一昨日、全国の企業およそ3万社を対象にした「法人企業統計調査」の昨年度の結果を発表した。

それによると、企業が蓄えとして手元に残している利益剰余金、いわゆる「内部留保」が、昨年度は475兆161億円と、前の年度から11兆円余り、率にして2.6%増加し、8年連続で過去最高を更新したというのだ。コロナ禍で内部留保を取り崩す動きがあるとはいえ、多くの大企業は過去最高の利益剰余金を貯め込んでいるままだ。

本来、従業員の給与や設備投資に回ってしかるべきであるが、現実はそうはならない。
こうした内部留保は社会的投資や経費に回らせるべく政治が動くべきではないか!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。