思い付き宰相

あれほどGo Toトラベルにこだわっていたスガ政権であるが、コロナの感染拡大と内閣の支持率低下のダブルパンチによってGo Toの停止に追い込まれた。人の移動が抑え込まれれば感染拡大に多少の歯止めがかかることは期待できる。が、思い付きののような突然の停止決定が旅行業界や関連産業に与える悪影響は計り知れない。

トップダウンのトップに、そもそも政策判断における根拠や熱意がみられず、業界団体への忖度や自己肯定感のみ溢れているので今回のゴタゴタ判断に国民の批判が集まっているのだ。しかもその発表当日の夜に老体文化人7,8人と銀座でステーキ会食をしていた事実が発覚したので怒りは倍増だ。

コロナ禍にあっても富める者は何もかも思い付きでやりたい放題、貧しい者は何もかも失ってドツボに落ちていく格差拡大社会に歯止めをかけるのは誰だ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。