10万円支給で始まるベーシックインカム。

政府はコロナ不況対策のため全ての国民に一律10万円を給付するという。従来型セーフティネットの代表格である生活保護の発想、仕組みを超える大胆な貧困対策である。正にベーシックインカム到来である。コロナ危機をきっかけに是非我が国にベーシックインカムを浸透させてほしいものだ。

富裕層にも支給するのは不平等との指摘があるが、日頃から多額の税金や社会保障費を負担しているのであるから全然問題は無いはずだ。それでも財政悪化を懸念するのなら後日、富裕層から累進課税で相当額を戻せばいい。大体世の中分からないもので、昨日までの金持ちが突然一文無しになることだってある。行政はリアルタイムで所得の多寡を把握できない以上、まずは一定額の給付金を一律に支給する意義は大きい。ベーシックインカムの始まりだ。

元々所得制限などの条件を付けて30万円を支給する案が有力であった。が、手間と時間がかかる上に正確性や平等性が担保できないという理由でボツった。これは財務省やこれまでの常識に囚われ過ぎて葬られたということだ。同じようなロジックに生活保護がある。本人はもとより家族、親族の収入や資産を調べ上げた上に本人の働く意欲や療養態度に条件を付け、ケースワーカーという役所の福祉職員の支配に屈するという前時代的制度である。

個々の福祉職員の管理や庇護を求める弱者も中にはいるだろうが、若い木っ端役人の指導など社会経験の豊富な自立した人にとっては余計なお世話だ。経済的に苦しい時にどこかで聞いたような能書きなど不要でしかない。求められるのは最低生活費に届かない貧しさを補填してくれる限定的な経済支援だけである。高齢者や障害者は別にして、長期化や既得権化の悪弊を招きがちな生活保護制度は百害あって一利なし。そもそも公的なセーフティネットを把握困難な収入条件とお上の恣意的なお情け的選別主義の代表的政策である生活保護制度の呪縛から人々を解き放ち、誰もが平等に受けられる普遍主義の代表的政策のベーシックインカムの仕組みに切り替えていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。